#10 ナポレオン3世が婚約の裏で行った驚きの仕打ちに涙の女性・・・【第二帝政期のマリー・アントワネット】【Eugenie de Montijo】

#10  ナポレオン3世が婚約の裏で行った驚きの仕打ちに涙の女性・・・【第二帝政期のマリー・アントワネット】【Eugenie de Montijo】

■チャンネル登録はこちらから↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UCEhR8SgFYDC_pWPjHIOLnjA?sub_confirmation=1

■【皇妃ウジェニー・第二帝政期のマリー・アントワネット】シリーズはこちらからご覧いただけます↓↓↓

■【世界一リアルなマリー・アントワネット】シリーズはこちらからご覧いただけます↓↓↓

■【世界一リアルなマリー・テレーズ】シリーズはこちらからご覧いただけます↓↓↓

■■■

こんにちは(^^♪
”囁き女官の館”管理人のあくあと申します。
新しいシリーズのスタートです。

ご覧いただきまして、
ご評価(いいねマーク)を選んでいただけますと
今後の配信の参考になりますので、大変嬉しいです。

また、コメントも是非お寄せ下さい!
お待ちしております(^^)/

※※※

”囁き女官の館”はMarie AntoinetteやMarie Therese、Eugenie de Montijo の生涯を追及するチャンネルです。
Eugenie de Montijo France Marie Antoinette
Departure to the future1770 beautiful royal dress

誕生したばかりの第二帝政の基礎を固めるには、ナポレオン3世は、然るべき、王家の娘を選ぶべき、
または、フランスの大貴族の娘を選ぶべきというのが、取り巻きたちの意見として一致していたのである。
ウジェニーがスペイン人だということは、確かに、娘以上に皇妃の座を渇望したウジェニーの母マヌエラも不安は感じていた。
母マヌエラは友人に自分の心の不安をこのように打ち明けている。
何もわかっていない何人もの母親たちが、今、私のことをうらやんでいます。
ウジェニーは、フランスの王妃となりましょう。
ですが、心ならずも私は、王妃たちは幸せではないと思うのです。
我が意に反して、マリー・アントワネットの思い出に取りつかれています。
娘も同じ運命を辿るのではないかと、とても、不安な気持ちで、いぶかっています。
マヌエラは、満足感と喜びとともに、外国人だったゆえに叩かれたマリー・アントワネットと、
娘を重ね合わせて、よからぬ運命を予感していたのである。

#囁き女官の館 #妄想女官の森EX #マリーアントワネット #皇室ニュース #フランス革命
※※※

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

こちらは、”囁き女官の館”のあくあが厳選した、おススメの動画です。
合わせて、ご覧下さいね(^^♪

【まとめ】フランス革命に巻き込まれたルイ17世の顏の変化が悲劇を物語る…マリーアントワネットの子供 その後【Marie Antoinette 】

【マリー・アントワネットの娘】マリー・テレーズの肖像画を若い頃から順に並べてみたら・・・【Marie Antoinette】

秘話【Marie Antoinette Portrait】マリー・アントワネットを描いてみた・・・

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

未分類カテゴリの最新記事