【感動泣ける話】あの時、噛んじゃってごめんね

【感動泣ける話】あの時、噛んじゃってごめんね

10年以上前に、友達が1匹の柴犬を飼い始めた。体の色が似ているからといって、その犬は『きなこ』という名前になった。友達は、夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていたけど、活発な『きなこ』がぐいぐいと友達を引っ張るようにしていたから、まるで『きなこ』が友達を置いて逃げだしてしまいそうで気が気でなかった。

関連動画

【感動する話 母親】父が出て行って連れ子だった俺は『家に居場所が・・・』【家族 いい話】

【感動泣ける不思議な話】荒家を訪問すると6才くらいの女の子が「パパ元気なかったから、心配だったの」と聞いた。父親が心配で成仏できない Miyu

【感動する話泣ける話】その日、私はお母さんに「ありがとう」といえた

【泣ける話】夫「甥を引き取る」→謎の女「甥君は私の子だ!お前の兄じゃない!」事実を知った娘はボロボロ泣き始めて・・・【衝撃】修羅場の館

感動する話 いつからだろう。人間らしい心を忘れたのは。
https://www.youtube.com/watch?v=rzaoSK3LM5M

泣けるカテゴリの最新記事