「中身はドイツ車」な韓国車の完成度に驚き【WCA2017-2018】

LAショーでこれからデビューする予定の新型車を、ひと足お先にロスの箱根、“アンジェレス・クレスト”(各メーカーのテスト走行場)で試乗する。各メーカーにそれを用意させるWCA=ワールド・カー・アワードの尽力に頭が下がるが、用意するその理由って!?

自国では乗れない今年のノミネート車を、LAショーのために渡米してくるタイミングで試乗会が開催されるので、効率がいい。WCAは世界24か国82名のジャーナリストが選考委員で、今回は33名が参加。

今年のノミネート車は25台。3日間かけて一気試乗するのだが1日8台がせいぜい。3日間でも足りないくらい…。

驚きはアジアン勢力!? だって中味はドイツだから! 負けるなニッポン!!

WCA試乗会の様子&インプレッションをお届け!

【試乗車種】
●アルファロメオ・ステルビオ(1:44)
●キア・スティンガーGT(3:00)
●ヒュンダイ・コナ(3:46)
●BMW 640xi GT(4:45)
●クライスラー・パシフィカ・ハイブリッド・プレミアム(5:57)

コメントは受け付けていません。

トラックバック URL

http://we-blog.info/2018/01/14/%e3%80%8c%e4%b8%ad%e8%ba%ab%e3%81%af%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e8%bb%8a%e3%80%8d%e3%81%aa%e9%9f%93%e5%9b%bd%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%ba%a6%e3%81%ab%e9%a9%9a%e3%81%8d%e3%80%90wca2017-201/trackback/

PAGE TOP